10月 2日 「 お菓子教室 」( 夜 )

カフェ開業準備も着々と進みつつあるTakaちゃんと友人のKyoちゃんのお菓子レッスンです。

今回は、「基本のジェのワーズ」&「スコーン」のレッスン!

イギリスタイプのスコーンと、アメリカタイプのスコーンがありますが、今回はイギリスの伝統的な作り方を覚えて頂きましょう(*^_^*)

結構短時間で美味しく出来るお菓子なので、手軽に作れるようになるといいですね!

今回は、粉とバターをすり混ぜる作業を、手を使う方法とフードプロセッサーを使う方法をします。

手の温度がバターに伝わりにくいので、フードプロセッサーを使っていいと思ってます。
そして、やはり何と言っても短時間に出来ることが魅力ですよね(^_^)

今回、レーズンを用意しておいて入れるの忘れちゃったんで、プレーンなスコーンとなりました! 失礼しましたm(._.)m

パカっとお口を開いたように膨らんでいるのが成功の印。っと言われていますが、そうでなくてもおいしいものです(^O^)

⌘ スコーン ⌘

_1

もう一種類は、基本のジェノワーズ( スポンジ生地 )作りです。

ポイントは何と言っても、卵と砂糖の泡立て方と、粉の混ぜ方で決まります!

今回は、2枚にスライスをして、間にブルーベリージャムを挟んだ、ヴィクトリアサンドケーキに仕立てました。

本来は、バターケーキを2枚焼いてジャムを挟んだものがイギリス風ですが、シンプルなジェノワーズで頂くのもふんわりして美味しいので、私はいつもジェノワーズのレッスンの時にはこのケーキに仕立てちゃってます(^_−)−☆

⌘ ヴィクトリアサンドケーキ ⌘

_2

⌘ 試食タイム ⌘

先日大阪に行った際に買ってきたミントティー、私ルピシアのが大好きなんです!

スコーンは、生クリームに少々クリームチーズを加えて泡立てたチーズクリームと、メープルシロップで頂いてみました。

_3

* 東京に住んでいる息子夫婦からの届きもの・・・・

夫の誕生日にと贈ってくれました(^O^)/

桐箱入りのマスクメロン!! こんなの見たことありません(^_^;) お高そう!

食べ頃には、もう少し日があるので楽しみにしています。

ちなみにこのメロンの写真を、ピクシャスに投稿したところ、100人以上のリアクションがありましたよ( ´ ▽ ` )ノ

_4

Tomohiko、Kanakoさん、ありがとう!!

iPadから送信

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中