6月22日 「 パン教室 」

今日は、同じ職場の仲良し4人組の方たち。

中級テキスト4回目のメニュー「 クロワッサン」「エッグバンズ」
お楽しみメニューは「蒸し上げわらび餅」

_1

⌘ クロワッサン ⌘

パンを習っていたら、誰もが作ってみたいパンですよね(^_^)

ところが、けっこう時間がかかるんです!
だって、冷やしたパン生地にバターを折り込んで、伸ばしては折って冷やして、また伸ばしては折って冷やして、またまた伸ばしては折ってという作業の繰り返し・・・

そして、きちんと物差しで規定の大きさの長方形に伸ばして、それに平行線を何本も引いて、二等辺三角形を16枚カットして、やっとクロワッサン形に成形するんです。

それから仕上げの発酵をして、照り用の卵を塗ってオーブンで焼いて、やっと出来上がり!になるんです。
パン生地を作るところからだと、手早くやっても焼き上がりまでに、3時間半はかかってしまうんですよ! 今日もみなさん頑張って頂きましたね(^_−)−☆

⌘ エッグバンズ ⌘

このパンはお惣菜パンになります。
丸く伸ばしたパン生地の上に、うす切りハムをのせて、その上にミックスベジタブルと、たっぷりのゆで卵をマヨネーズで和えたフィリングをのせて包み込んで、チーズをふりかけて焼いたパン。やっぱりこういうお惣菜パンは、子供さんにもとっても人気があります!

_2

⌘ 蒸し上げわらび餅 ⌘

わらび餅を作る時の「わらび粉」というのは、非常に手間をかけて作られているでんぷんです。なのでとてもお高いんです!

夏になると、どこの和菓子屋さんでも、近頃はスーパーでも見かけますよね。
ところが、本来のというか本当のわらび粉(蕨粉)というのはすごく黒いというか濃い灰色をしているので、練り上げると黒っぽいわらび餅になります。

で、スーパーで見かけるのは白っぽいですよね。このわらび餅には、少量のわらび粉と、タピオカ粉というでんぷんを使って作られているのです。
なのでお手軽に買えちゃうんですね~(^_^)

レッスンでは、2種類のわらび餅粉をご紹介しています。高いのとお手頃価格のもの。といっても、やっぱり高いんですけど・・・

本蕨粉と、冷やしわらび餅粉という2種類です。
今回のお菓子は、お鍋で練り上げてからさらに蒸し上げて、冷やさないといけないので、私が本蕨粉で作っておいたものを試食して頂き、冷やしわらび餅粉で実習して頂きました。

少しのお砂糖で甘みはつけていますが、レッスンでは「こしあん」を使ってソースを作ってわらび餅にかけてから、きな粉をトッピングしてお召し上がり頂きました。

上品な和菓子が出来上がりましたね!

_3

本日は、クロワッサン生地の伸ばしがちょこっと大変でしたが、上手にクロワッサンが作っていただけました!

お疲れさまでした〜!!

来月は、バタートップ&コーンブレッドの食パン2本立てです。
お楽しみに〜(^O^)/

iPadから送信

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中