『 ウィーン風 ブリオッシュ 』

テキスト中級のブリオッシュ2種のレッスン!

同じ会社のなかよし3人組のクラスです( ´ ▽ ` )

⌘ ウィーン風ブリオッシュ 』

ブリオッシュというのは、パンの中でも非常にリッチな生地のパンのことです。
卵・牛乳・バターの量が通常よりずいぶん多く配合されていますが、これは国の事情により配合が少しづつ違い、ドイツ風・ウィーン風・フランス風のブリオッシュがあります。

今回は、ウィーン風のさっぱりしたブリオッシュと、非常に乳脂肪の配合が多いフランス風の『ブリオッシュ ア テート』の2種を作りました。

分割生地90gを7個一緒に型に入れて焼くので、とっても大きなパンなんですよ(*^_^*)

_1

⌘ お持ち帰り分 ⌘

ブリオッシュ ア テート & ウィーン風ブリオッシュ & サンフラワー

_2

⌘ サンフラワーフラワー ⌘ クッキー

バレンタインデーも近いので、ハート♡形のも作ってみましたよ!

_3

⌘ 試食タイム ⌘

頂いた「ママレード&ジンジャー」のジャムを添えて、試食致しました(*^_^*)

Image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中